column

top > column

Prince!!

また一人、僕たちの青春だったスーパースターがこの世を去りました。
世界的なアーティストプリンス様。
ご逝去されたというニュースが、俄かには信じられませんでした。
まだお若いのに…。
また一人、天才が…。
寂しいかぎりです。

今夜は、「Raspberry Beret 」と「Little Red Corvette」のヘビーローテーションで、自分なりにプリンス様の死を悼みたいと思います。

心よりご冥福お祈り致します。

Rest in peace Mr.Prince!!

立川俊之

column

▶ 皆さんからのメッセージはこちらからお願いします

50

4/17に僕の誕生日とニューアルバム発売記念を兼ねたライブを行いました。
生まれてこの方、「バースデーライブ」なるものには縁が無く、というより自分の誕生日を祝って頂くなどおこがましく、恥ずかしいかぎりなので、敢えて避けてきました。

ですが、今回はデビュー25周年の上に自身の年齢もちょうど50。
この「キリの良さ」に便乗して初めてバースデーライブを行いました。

たくさんの方々にお祝いして頂き、本当にありがとうございました。
感慨無量です。
この場を借りてお礼申し上げます。

立川俊之

column

▶ 皆さんからのメッセージはこちらからお願いします

カルマというもの

25年間の音楽人生の中で、大半の時間、僕は自分の「業」というものを間違えていたように思います。

隣の芝は「蒼く見える」というだけで、実際には決して「蒼くはない」ということに気付くことも出来ず、ただ闇雲に曲を書き続け、我欲を束にした日々をめくってきました。

「変化」を受け入れてもらえないのであれば、傍流に甘んじ、深い諦念に包まれる中でも、それなりに重用されることで、ある意味溜飲を下げてきました。

しかし、人間は常に変化し続ける有機体だからこそ、そこにある真の人間たらしめる「業」に忠実でなければならなかったのかもしれません。

今回「それが大事」のアンサーソングを作るというお話を頂きました。
これを機にもう一度自分の音楽人生を振り返ってみることで、それに気付かされ、一念発起して新曲「神様は手を抜かない」を書きました。
4月13日にリリースされるこの楽曲を含むニューアルバムは、25周年記念アルバムという意味合いもさることながら、己の過去への「反省」と未来への「宣誓」という意味で、自分の中では大きな存在意義を持つことが出来ました。

これからは、自覚的に把握していたはずの自分の「役割」というものに恭順の意を示し、このアルバムを契機に「原点回帰」して、真の意味で面目躍如を果たすべく、己の業を常に意識しながら精進して参りたいと思います。

大事MANブラザーズ
立川俊之

 

20160406_123615.jpeg

column

▶ 皆さんからのメッセージはこちらからお願いします


PAGE TOP ▲