column

top > column

Back In JPN

先日の21日に台湾より帰国した。
Twtrなどでご存知の方も多いと思うが、この10月、僕らは初めての海外ライブを【台湾】という舞台で経験した。
今年の春頃にはもうほぼ決定していたので、かれこれ半年近く、僕の中で緊張が続いていた。
夏頃からは本格的にイベントライブやらなんやらに追われていたため、10月はあっという間に訪れた。
しかし、これは今だから言えるが、何を隠そう9月は殆ど毎日のように眠れなかった。
それだけ、緊張していたのだろう。

そして、台湾本番の日を迎えた朝。

ホテルの部屋から台北の街を見下ろしながら思ったことは実に意外だった。


– いつもより落ち着いてる –


その日を迎えるまでは緊張で不眠がちでさえあった。
しかし、いざ、その日を迎えてしまえば、もう逃げようがないと悟ったのか、かえって冷静になり、普段よりも穏やかで、それでいて晴れやかだった。
しかし、【ライブをやりたい!】という、強いテンションも同時に胸の中に存在していた。
その時のことを上手くは言えないが、何しろ初めて味わう不思議な感覚だった。

その後、大したことはないのだが、オフ日にちょっと体調を崩した。
しかし、二日目の高雄ライブの朝もやはり同じような気持だった。
すぐれない身体とは裏腹に【ライブをやりたい!】というテンションだけは失うどころか、強くなっていた。

不思議だった。

台湾ライブは、おかげさまで大成功でした。
お客さんの盛り上がりが、あまりに凄かったので、逆にちょっとこちらが面食らったくらいである。

とはいえ、無論、まだまだ反省点は沢山ある。
それらは、今後のライブに反映させていきたいと思うが、まずは、初海外ライブとしては上出来ではなかったかと自画自賛で感想を結びたい。

台湾でのライブに尽力してくださったスタッフの皆さん、お越し頂いた皆さん、そして、日本からも熱いエールをくださった皆さん、本当にありがとうございました。

この台湾ライブを機にtckw bandは更なるパワーアップに努め、これからも、もっと暑苦しい、いや、熱く狂おしいライブをやり倒しますので、今後ともよろしくお願い致します。


しかし、日本に戻ってきた今…


毎日、眠くて仕方ない。(笑)
【緊張】とは恐ろしいものだ。(苦笑)

 

image

column

▶ 皆さんからのメッセージはこちらからお願いします

怒涛の日々。

怒涛の日々。

台湾~仙台~大阪~茨城~東京~埼玉~東京~大阪~岡山~高知~東京~台湾

9月の頭から怒濤のスケジュールだった。
今月の台湾ライブのプロモーションのため、9/2から台湾に渡った。
台湾の中でも、台北~高雄と、これまた東京-大阪間くらいの距離を車移動。
台湾料理に舌鼓を打ちつつも、地元メディアに出演させて頂いたりと、なかなかハードなスケジュールをこなした。

そして、帰国するやいなや仙台へと向かう。
9/8の定禅寺ジャズフェスでのライブは、お陰様で大盛況のうちに幕を閉じた。
翌日も仙台。
市内にあるライブハウスenn 2ndでのライブ。
2daysの仙台ライブを終え、そのまま帰途につく。

戻るやいなや、今度は大阪。
7月以来の大阪ライブ。
ライブ翌日に東京戻り。

戻った翌日は、久しぶりの僕のソロアコースティック インストアライブ。
BassのPuppyにお手伝いしてもらいつつ、茨城へ。
2ステージを終え、帰途につく。

その翌日は一日中ライブリハーサル。

そしてまたライブ。
思えば、久しぶりの東京。
吉祥寺Planet Kでライブ。

やっと、二、三日の空きがあり、その後、埼玉は川口のフェスに出演。

そして、数日後に渋谷RUIDO K2でライブ。

あっという間に9月が終わった。

そして今月は、11日から大阪・岡山・高知。
それから戻ると、いよいよ台湾2daysのライブが控えている。

10月18日  台北【河岸留言】
10月20日 高雄【THE WALL高雄】

緊張と期待が入り混じるtckw band初海外ライブ。

やはり、今年はあっという間にMerry Xmasという具合になりそうである。

image_1

column

▶ 皆さんからのメッセージはこちらからお願いします


PAGE TOP ▲